様々な肌質に合わせたお手入れ簡単、セルフケア♪

お肌のお手入れ〜普通肌編〜

レンジング

あまり時間を掛けすぎないように、メイクなどの汚れを落としましょう。クレンジング後は、ぬるま湯で十分に濯ぎましょう!

洗顔料は、しっかりと泡立てて、お肌を傷つけないようにしましょう!Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗い、Uゾーン(頬・口のまわり)や目元は、泡をころがすようにして洗います。

粧水

小鼻のワキや目元など細かい部位まで少量ずつをくり返し何回か手でつけましょう。お肌を傷めてしまう危険性があるので、過度なパッティングは禁物です!

容液

ポイント美容液として、化粧水後、目元など気になる部分へご使用ください。化粧水と同様に、摩擦によってお肌は傷つくので、刺激をあたえないように優しく。過度なパッティングは禁物です!

容シート

袋から取り出し、液垂れに注意しながら、目元に密着させます。そのまま5~10分程度おいてから、シートを剥がします。

ェル

オールインワンジェルを10円効果ぐらい手にとり、全体に馴染ませましょう!両頬→額→フェイスライン→顎の順に、内側から外側に円を描くように伸ばしていきます。目元や口元など、乾燥が気になる箇所には重ねづけをしていきましょう。

10円硬貨ぐらいを手にとり、広げた後、顔の中心から外側へ向けて、大きく円を描くようにのばします。特に、乾燥しやすい頬や目や口のまわりは、ごく少量、指先にとり、重ねづけすると効果的です。

お肌のお手入れ〜乾燥肌編〜

レンジング

デルフィーナの乳液は、刺激が強くないのでメイク落としとしても使用する事が出来ます。落としにくい部分のみ専用のクレンジングすると、肌への刺激が少なくなります。乾燥の原因になるので、必要以上のクレンジングは厳禁!クレンジング後は、ぬるま湯で十分に濯ぎましょう!

洗顔料は、しっかりと泡立てて、Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗い、Uゾーン(頬・口のまわり)や目元は、泡をころがすようにして洗います。洗顔時間を短く切り上げる(洗顔15秒、すすぎ20~30秒以内)のがポイントです。すすいだ後のタオルドライは、肌荒れ・乾燥の原因になるので、擦らず優しく!

粧水

洗顔後、乾燥する前にすぐに化粧水を使って、保湿を行いましょう!小鼻のワキや目元など細かい部位まで少量ずつをくり返し何回か手でつけましょう。お肌を傷めてしまう危険性があるので、過度なパッティングは禁物です!

容液

ポイント美容液として、化粧水後、目元など気になる部分へご使用ください。化粧水と同様に、摩擦によってお肌は傷つくので、刺激をあたえないように優しく。過度なパッティングは禁物です!

容シート

袋から取り出し、液垂れに注意しながら、目元に密着させます。そのまま5~10分程度おいてから、シートを剥がします。

ェル

オールインワンジェルを10円効果ぐらい手にとり、全体に馴染ませましょう!両頬→額→フェイスライン→顎の順に、内側から外側に円を描くように伸ばしていきます。目元や口元など、乾燥が気になる箇所には重ねづけをしていきましょう。

10円硬貨ぐらいを手にとり、広げた後、顔の中心から外側へ向けて、大きく円を描くようにのばします。特に、乾燥しやすい頬や目や口のまわりは、ごく少量、指先にとり、重ねづけすると効果的です。

お肌のお手入れ〜油性肌編〜

レンジング

デルフィーナの乳液は、刺激が強くないのでメイク落としとしても使用する事が出来ます。落としにくい部分のみ専用のクレンジングすると、肌への刺激が少なくなります。乾燥の原因になるので、必要以上のクレンジングは厳禁!クレンジング後は、ぬるま湯で十分に濯ぎましょう!

必ず予洗いを行った後、洗顔料をしっかりと泡立てて、お肌を傷つけないようにしましょう!Tゾーン(額・鼻・アゴ)は指先で丁寧に洗い、Uゾーン(頬・口のまわり)や目元は、泡をころがすようにして洗います。すすいだ後のタオルドライは、肌荒れ・乾燥の原因になるので、擦らず優しく!

粧水

洗顔後、乾燥する前にすぐにたっぷりの化粧水を使って、保湿を行いましょう!小鼻のワキや目元など細かい部位まで少量ずつをくり返し、何回か手でつけましょう。お肌を傷めてしまう危険性があるので、過度なパッティングは禁物です!

容液

ポイント美容液として、化粧水後、目元など気になる部分へご使用ください。週に1度はお顔全体にマスクとしてご使用頂く事をオススメします化粧水と同様に、摩擦によってお肌は傷つくので、刺激をあたえないように優しく。過度なパッティングは禁物です!

容シート

袋から取り出し、液垂れに注意しながら、目元に密着させます。そのまま5~10分程度おいてから、シートを剥がします。

ェル

オールインワンジェルを10円効果ぐらい手にとり、全体に馴染ませましょう!両頬→額→フェイスライン→顎の順に、内側から外側に円を描くように伸ばしていきます。目元や口元など、乾燥が気になる箇所には重ねづけをしていきましょう。

10円硬貨ぐらいを手にとり、広げた後、顔の中心から外側へ向けて、大きく円を描くようにのばします。特に、乾燥しやすい頬や目や口のまわりは、ごく少量、指先にとり、重ねづけすると効果的です。